HOME > 主宰者について > 社会貢献活動

主宰者について

社会貢献活動

人々の健やかな毎日のために。各種支援活動に取り組んでいます

世界中の子どもたちの健やかな成長のために、そして一般の方々に自身の健康を守るという意識と知識を身につけていただくために。"医療"を切り口に、各種の支援活動に取り組んでいます。

NPO法人 ピース・フィールド・ジャパン(PFJ)

http://peace-field.org/

PFJ(ピース・フィールド・ジャパン)は、日本、イスラエル、パレスチナの青少年たちの交流を通じて平和の文化を創造することを目標としています。子どもたちが互いに尊重しあえる心を育む「場」を提供することを使命とし、2003年からは「日本・イスラエル・パレスチナの子どもたちによる親善サッカー」を運営しています。

<PFJへの支援>
阿部博幸は、試合前後の子どもたちの健康チェック、健康指導、試合中のケガの治療などをボランティアで行ったことがあります。

NPO法人 日本カンボジア交流協会

http://npo-jcia.or.jp/

カンボジアで戦争によって両親を亡くした子どもたちや地雷で足を失った子どもたち、伝染病のポリオによって障害が残った子どもたちなどに社会参加に向けて仕事を覚えてもらう「職業訓練センター」を建設し、運営を行っています。

<日本カンボジア交流協会への支援>
阿部博幸は日本カンボジア交流会の筆頭理事を10年以上務め、カンボジアの子どもたちを支援しています。この支援活動は主に日本で行っていますが、カンボジア政府関係者の来日時には対談し、親睦を深めています。

NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)

http://www.jcv-jp.org/

いま世界中で1日4000人*の子どもたちが、ワクチンがないために予防可能な感染症で命を落としています。JCV(世界の子どもにワクチンを日本委員会)は、1人でも多くの子どもが病気に負けず、夢と希望を持ち、笑顔で毎日を過ごせるようにと願いを込め、このような子どもたちが数多くいる発展途上国にワクチンを届けています。 *WHO/UNICEF【予防接種白書】2006年より

<JCVへの支援>
阿部博幸は、試合前後の子どもたちの健康チェック、健康指導、試合中のケガの治療などをボランティアで行っています。

もやいの会

http://www.npomoyai.or.jp/

もやいの会は1990年に発足し、血縁や人種などの違いを超えて生前から交流し、亡くなった後は合葬墓「もやいの碑」(東京都豊島区)に納骨を望む人たちの会を運営しています。

<もやいの会への支援>
阿部博幸は、もやいの会の事務局長の松島如戒師の主侍医であるご縁で、講演などを通じて同会を応援しています。

The 200 Club

高麗人参はとても滋養のある薬用植物ですが、収穫するのに6年もかかるうえ、土の栄養分を吸収するため続けて収穫することができません。その希少な高麗人参は主に中国や朝鮮半島で栽培されていますが、国内の農家でもわずかに作られています。The 200 Clubは、外国産をしのぐほど高品質な国内産の高麗人参の栽培技術が途絶えないよう全面的に支援している会です。
<The 200 Clubへの支援>
阿部博幸は、有志の一人としてThe 200 Clubを設立。自らも同会が支援する国産高麗人参を服用し、健康効果を実感しながら会の運営を支えています。

「医学書を持って街に出よう」講演活動

阿部博幸は、「一般の方にもっと医療に関する知識や情報、そしてそれを判断する力を持っていただきたい」という思いを込めて「医学書を持って街に出よう」とのタイトルで講演活動を行っています。
講演活動は1998年頃から全国各地で始まり、2004~2005年に開催された「人体の不思議展」では、「血管部門」の講演を行いました。
阿部博幸は国内外の最高学府や医療機関で数々の臨床実績を上げてきた経験豊富な医師ですが、その豊富な知識を豊かな医療と病気予防の実現につなげるべく貢献活動を続けています。

ページトップ

"
Copyright KUDAN